Android Studio 0.8.6

Android Studio がいつの間にか 0.8.1 から 0.8.6 にアップデートされていた。以前、Android Studio 0.8.1 で作成したプログラムを実機で動かそうとしたときに build.gradle の設定をこのように設定していた。

0.8.6 にアップデートしたついでに設定方法を見直してみた。まずプロジェクトを作成するときに Minimum SDK の項目に API 19: Android 4.4 (KitKat) を指定する (最新は Android L であるがこれを選択するとうまくいかなかった)。API 15 の実機で動作させるため、build.gradle の設定は以下のようにした。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
apply plugin: 'com.android.application'
android {
compileSdkVersion 19
buildToolsVersion "20.0.0"
defaultConfig {
applicationId "com.example.tanaka.myapplication"
minSdkVersion 15 // Changed this value from 19 to 15
targetSdkVersion 19
versionCode 1
versionName "1.0"
}
buildTypes {
release {
runProguard false
proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
}
}
}
dependencies {
compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
}

Android Studio 0.8.1

Android Studio 0.8.1 でプロジェクト作成してみたが、[INSTALL_FAILED_OLDER_SDK] というエラーが起きてしまい実行することができなかった。AVD や SDK のバージョンをかえてみたり実機で実行してみたけど結果は同じ。同様のエラーがないか検索してみると、app/src/build.gradle の compileSdkVersion をアプリケーションを実行する AVD や実機のバージョンに合わせればよいらしいことがわかった。今回は Android 4.0.3 (API 15) の実機が手元にあったので、以下のような設定にした。同時に、Android SDK Manager で Android 4.0.3 (API 15) の SDK Platform もインストールしておいた。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
apply plugin: 'com.android.application'
android {
compileSdkVersion 15 // Changed this value from android-L to 15
buildToolsVersion '20.0.0'
defaultConfig {
applicationId "com.example.tanaka.myapplication"
minSdkVersion 15
targetSdkVersion 20
versionCode 1
versionName "1.0"
}
buildTypes {
release {
runProguard false
proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
}
}
}
dependencies {
compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
}